寝起きで目がしょぼしょぼする時&眠い時スッキリさせる方法!

こんにちは。さくらです。最近、目が覚めた時に目が乾燥してしょぼしょぼすることが多くなってきました。おそらく、寝る直前までスマホでSNSチェックやゲームをしているのが原因だと思われます。でもなかなかやめられないんですよね…

というわけで、今回は寝起きに目がしょぼしょぼする時やまだ眠い時の対処法について、

「眠い目を冴えさせる寝起きのルーティンワーク」

「目がショボショボした時の対処法」

「翌朝に目のしょぼしょぼを持ち越さない電子機器の使い方-ブルーライト対策」

を中心に、まとめてみたいと思います☆

1.眠い目を冴えさせる寝起きのルーティンワーク

まずは朝気持ちよく起きられるよう習慣をつけましょう♪

1.身体を伸ばす

まずは布団の中で寝起きにできることからスタートです。寝ている間に身体が縮こまってしまっているので、目が覚めたら伸ばしてあげましょう。

色々なストレッチがあるのでたくさんトライしてほしいですが、時間がない方には簡単なストレッチ一つでもOKです。誰でもできる簡単なストレッチ。それは背伸びです。手と足を遠くに広げるつもりで、ぐーっと身体全体を伸ばしてください。簡単ですが、これだけで身体がオンモードに変わって眠い目もパッチリと覚めますよ。

2.深呼吸

深呼吸をして肺に新鮮な空気を送り込みましょう。体中に酸素が行き渡るイメージをしながら行なうと効果的です。ゆっくりと3~5回深呼吸を繰り返してください。それだけでセロトニンというホルモンが分泌され、リラックスできます。

目を軽くつむって、10カウントで鼻から息を肺いっぱいに吸って、また10カウントで鼻から息を吐く。それ位のスピードでゆっくりと深呼吸してください。心が落ち着くのが感じてもらえると思います。深呼吸が終わって目を開けると、視界がクリアになって目にも酸素が行き渡っているのがわかると思います。

現代人は知らず知らずのうちに呼吸が浅くなっているそうです。意識して深呼吸をしてみると、普段どれほど呼吸が浅くなっていたか気づくと思います。深呼吸はすごく精神的にもリラックスできるので、朝だけでなく、日中疲れた時や寝る前にもおすすめです♪

まずは、朝眠い目を覚ますために、習慣にするところから始めてください。

3.朝日を浴びる

人間は光によって、朝が来たと感じることができます。なので、朝日を浴びるのは眠い目を覚ますのにとても効果的です。寝起きでぼーっとした身体も、朝日を浴びることで無理なく自然にシャキッと目が覚めますよ。

朝日を浴びることも、セロトニンの分泌に効果的だと言われています。朝の少しの時間、身体本来のリズムを取り戻すことに使ってみてください。毎日続けることで、自然と夜型になりがちな私達のリズムも、本来の身体のリズムに整っていきます。すると、自然に朝目が覚めやすくなるので、だんだん朝起きるのが苦痛ではなくなるはずです。

2.目がショボショボした時の対処法

1.目薬を使う

目がしょぼしょぼする時は、目がすごく乾いている場合や、アレルギー反応が起きている場合があります。むやみにこすってはいけませんよ!!

目薬を使って潤いを与えるのが効果的です。

さくらの以前のブログで目薬についてまとめてみました。是非読んで参考にしてくださいね♪

白目が赤い時、違和感がある時にオススメ!目薬、市販薬、漢方薬、サプリメント

2.温冷法

その名の通り、温めたり冷やしたりして目の血行をよくする方法です。

これも以前さくらのブログでご紹介しました。

簡単!温める&冷やすだけ!スッキリ目の疲れを取る方法☆

3.目のギュッパ体操

目の血流をよくするために、目の運動をしましょう!簡単でおすすめなのは、目のギュッパ体操です。すごく簡単ですが効果的なんですよ!

やり方は、目をギュッと固くつぶって、それからぱっと大きく開く、たったそれだけです!

ポイントは目をつぶる時は目を絞るようにぎゅーっと力を入れて、目を開く時は目を見開けるだけ開くことです。この体操を50回ほどやってみてください。意外に疲れるんです…普段目の筋肉をあまり使っていないことがよくわかりますよ。

この体操では目の血流がよくなるだけでなく、固くなっていた目の筋肉がほぐれてピントもあいやすくなり、視力もよくなるんです♪さくらは半年この目のギュッパ体操を続けたところ、視力が0.02から0.2まで回復しました。まだ裸眼で過ごすのは難しいですが、これからも目のギュッパ体操を続けて、コンタクトも眼鏡もいらない生活を送るのが目標です!

3.翌朝に目のしょぼしょぼを持ち越さない電子機器の使い方-ブルーライトを防ごう!

毎日の生活でスマホやパソコンを使わない人はもはやいないと思います。うまく電子機器とつきあって、目に疲れがたまらないようにしましょう!

ではなぜ電子機器を使うと目が疲れるのか?それは電子機器から放たれる「強い光」に原因があります。ブルーライトという言葉を聞いたことがある方は多いと思いますが、このブルーライトが目に悪く、目を疲れさせてしまう原因になるんです。

なぜブルーライトは目に悪いのか??ブルーライトは普通の光に比べて光が強く広がって拡散する性質があるからです。パソコンやスマホを長時間見ていると目がチカチカすることはありませんか?それは、ブルーライトの強い光で目が疲れているんです。

ではどうやってブルーライトを軽減すればいいか見ていきましょう♪

1)角度を調整する

ブルーライトはまっすぐ進む性質があるため、真正面から画面を見ると、もろに光の影響を受けてしまいます。なので、まずはとても簡単な方法です。角度を斜めにしてください。パソコンならモニターの角度を斜めに調節しましょう。スマホやタブレットは斜めに持って見て下さいね。また、距離が近すぎないかも注意してください。

2)明るさを調整する

当たり前のようですが、ブルーライトは画面の明るさが明るいほど、たくさん出ています。なので、電子機器の明るさは極力暗くしてください。一度モニターの明るさを調整してみると、それ程明るくなくても案外見えることに気がつくと思います。これも簡単にできますね♪

3)ブルーライトをカットするグッズを使う

最近ではブルーライトをカットするグッズが色々と売られていますよね。ブルーライトをカットするシートや眼鏡。そいういったものを活用して、目への負担を減らしてください。

4.最後に

今回は寝起きの目がしょぼしょぼする時や目の疲れについて書いてきました。それじゃなくても眠い朝は誰にとっても辛いもの。それなのに、目も疲れてショボショボしていたら一日を元気に始められませんよね。

普段から目を疲れさせないよう、うまくパソコンやスマホとつきあいながら、朝のルーティーンワークにも是非挑戦してみだくさい。きっと気持ちよく一日が過ごせると思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です